古材(リサイクルウッド)
銘木プロジェクト

DIYを楽しむ素材にも
こだわりを持って

 
◆古材(リサイクルウッド)について◆
 日本でも海外でも、
 古い建物を解体するときには
 廃材が出ます。
 その廃材は再利用できる物と
 そうで無いものに分けられますが、
 意外と再利用できる材料は一般流通に乗らず
 目にすることは少ないのが現状です。
 とはいえ、DIYをやっていくと、
 素材の違いを試したり特徴ある木材を
 使ってみたくなるものです。

 そこで、解体現場から出る質の良い材を
 ご紹介することで新しいDIYの
 楽しさを提案しようと考えました!

 人気の足場板はもちろん、
 一本柱、木の根っこなど
 いろいろ揃えています! 
 
◆銘木について◆
 無垢の一枚板。圧倒的な存在感と漂う高級感。
 こちらもなかなか一般の方の目には
 触れない材料ですが
 手にしてみたいと思っている方、
 それを使って家具を作ってみたいと
 思っている方は多くいらっしゃいます。
 全国の銘木をたくさんの方々のご協力の下、
 tukuribaに集結させようとプロジェクトが
 現在推進中です。ぜひ店頭でお確かめ下さい。

 その木材の生い立ちまで知れることで、
 これ以上無い愛着が湧くこと間違いなし!

特設の展示スペースをご用意しました

希少木材の一部をご紹介

神代杉

2,500年前に鳥海山が山体崩壊した後、
ずっと埋没していた杉。
500年生き、2500年埋没していたので、
この杉自体は約3000年も前に生まれた物。

御山杉

伊勢神宮内宮産の超希少木材。
伐採が一切禁止のエリアの木材、
どのようにしてここにあるのか?
真相は店頭スタッフまで!

高野杉

世界遺産に登録され
区域内全て伐採禁止の高野山より
tukuribaにやってきました。
御山杉と同様超希少木材。

上杢目杉

30,000本に1本程度と言われる
独特な木目を形成した瘤部分。
このようになる理由は
ぜひ店頭でお尋ね下さい。

丸太材や処理無し足場板
輸出規制で入手困難な
インド産ローズウッドなど
しびれるアイテムも
続々入荷中!

丸太材や処理無し足場板、輸出規制で入手困難なインド産ローズウッドなど
しびれるアイテムも続々入荷中!

 
 

pickup!

tukuribaの最新情報はこちらから!